白髪染めトリートメントの使い方って迷いませんか?

 

 

白髪染めトリートメントの使い方って「何が一番正解なのか」わかりづらくありませんか?

 

 

  • シャンプーは前にする、後にする?
  • 時間は5分、1時間?
  • 染めた後にリンスはつける、つけない?

 

 

プロの美容師としてはっきり白黒つけましょう。

 

 

美容師パパ目次

 

白髪染めトリートメントはシャンプーが必要?

 

白髪染めトリートメントは髪の汚れ(整髪料や頭皮の脂)が染める邪魔をします。

 

1番ベストなのはシャンプーしてから8時間以内に染めること

 

 

 

根元の白髪のリタッチは特に注意です。

 

頭皮の脂がバリアになって染まりが弱くなります。

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントを塗った後はシャンプーするのか?トリートメントなんだから必要ないのか?迷いませんか。(美容師パパは?になりました)

 


 

 

 

 

染めた後シャンプーしないと気持ちが悪い気もします。。。


 

 

 

 

これはどちらでも大丈夫です。

 

染めた後が気持ち悪ければシャンプーしても良いですし、そのままお湯でしっかり流すだけでも十分色は落とせます。

 

説明書にシャンプーは必要ありませんと書いてあっても心配いりません!

 


 

 

 

  • 結論

 

シャンプーは染める前に必要、染めた後のシャンプーはお好みで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントはどこで塗る?

 

 

美容師パパは、白髪染めトリートメントは大きく分けて2つのコンセプトに基づいて作られていると考えています。

 

 

 

 

傷まない白髪染めとして染める薬

 

乾いた髪に塗るタイプに多いです。

 

お部屋で塗ります

 

 

 

 

シャンプー後のトリートメントとして染める薬

 

濡れた髪に塗るタイプに多いです。

 

お風呂で塗ります

 

 

 

美容師パパ

説明書には各メーカー色々と書いているとは思いますが、気にせずにどちらの使い方も可能です!!

 

気に入った商品をお部屋でお風呂で、自分の都合に合わせて使用しても大丈夫ですよ!

 

気をつけるのは色選びです。自分に合っていなければどこで染めてもうまくいきません。

 

 

 

 

  • 結論

 

好きなところで染めるべし

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントってリンスが必要?

 

白髪染めトリートメントが染まるイメージ

 

 

白髪染めトリートメントは髪の傷んでいるところ、マイナスに帯電しているところにくっつきます。

 

 

 

 

濡れた髪やシャンプーした髪はマイナスに帯電しやすく、プラスに帯電して打ち消すのは、リンス、コンディショナー、トリートメント、白髪染めトリートメントです。

 

 

 

 

つまりリンスと同じ働きを白髪染めトリートメントはしているので使う必要がないという考えが多いですね。

 

 

 

白髪染めトリートメントをしたらリンスはいりません?

 

 

 

  • ところがPOLAさんの説明書を見てびっくり!

 

POLAグローイングショットの色落ち

 

 

 

美容師パパ汗

併用すると色落ちするの???

 

 

 

 

 

  • 他の商品は

 

お好みでどちらでも

髪萌カラートリートメントにリンスの説明

 

 

必要なし

ラサーナカラートリートメントにリンスの説明

 

 

トリートメントで整える

ルプルプカラートリートメントにリンスの説明

 

 

普段通りにシャンプートリートメント

利尻カラートリートメントにリンスの説明

 

 

 

 

併用すると色落ちすると書いてあるのはPOLA だけです。
なのでこれは特殊な成分でも配合されているかと調べてみてきになったので。。。

 

 

 

 

 

polaお客様相談室に電話をして聞いてみました

 

 

 

 

 

 

すいません、グローイングショットカラートリートメントについてお聞きしたいのですが

 

説明書に「コンディショナーで色落ちすることがあります」と書いてありますが他のメーカーの商品では併用も可能なものも多いです。

 

何か特別にコンディショナーと混ぜてはいけない成分があるのでしょうか?

 


 

 

御電話ありがとうございます。

 

こちらは白髪染めトリートメントという商品ですのでシャンプーの後にお使いいただいたら、リンス等は不要になります。

 


 

 

 

 

 

 

当方、美容師なのですが専門的な成分に問題があれば教えてください。

 

白髪染めトリートメントに含まれるHC染料と塩基性の配合バランスが色落ちに関係していますか?

 

 


 

 

 

こちらの商品は白髪染めトリートメントなので美容院で普通に染める白髪染めとは違います。こちらの商品は白髪染めトリートメントになりますので、、、リンスは不要になります。

 


 

 

 

 

????

 

失礼しました。専門的なお話になってしまったので改めます。ありがとうございました。

 

 


 

 

美容師パパびっくり

専門的な内容になりすぎたのか、お話が通じませんでした(逆に御迷惑をおかけした電話になってしまった気がして、申し訳なく思っています)

 

美容師パパの推測

 

現段階の推測ですが、リンス等に含まれるプラスイオンの界面活性剤に若干の洗浄力があるためもしもの色落ちを懸念しての説明書の表記かと思います。(少しのリスクでも表記する事には信頼が持てますね)
また詳しい情報がわかり次第まとめます。

 

 

 

 

それもふまえてリンスは必要か

  • 結論

 

 

やっぱりお好みで!

 

 

 

 

 

美容師パパの場合は白髪染めトリートメントのあとにトリートメントをつけてさらに指通りをよくします

 

その場合は特に念入りに流して下さい。リンスやトリートメントが浸透する際に色落ちの可能性もあります。(ほとんど気にしなくて良いレベルですが。。。)

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントって白髪染め?トリートメント?

 

 

 

白髪染めトリートメントの配合成分で考えた場合どちらも正解です。

 

 

 

 

  • 傷まない白髪染めと考えれば白髪染めです。

 

 

  • シャンプー後のトリートメントとして考えればトリートメントです。

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

美容師パパは「傷まない自宅で使いやすい白髪染め」と考えています。

 

 

 

 

理由は

どちらにしても白髪に色が染まるから白髪染めです

 

 

 

 

白髪染めしようと考えて染まるのは普通ですが、トリートメントしようと考えて染まって欲しくない時もありますよね。

 

 

 

  • 結論

 

白髪染め(美容師パパ談)

 

 

 

 

 

まとめ

 

まとめます。

 

 

色んなタイプの使い方がある白髪染めトリートメントですが、色の確認さえ間違わなければ大丈夫です。好きな使い方で自分流にアレンジして使ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師パパの「セルフカラーお悩み相談室」

 

 

美容師とセルフカラーの架け橋となる活動をしてきた美容師パパですが、

 

2019年より、多くのご支援・ご協力いただき

 

【一般社団法人日本セルフカラー協会】の設立が実現し「公認アドバイザー」に就任いたしました。

 

 

 

美容師パパの解説

みんなの悩み・みんなで解決

日本初! セルフカラーの駆け込み寺

 

一般社団法人日本セルフカラー協会(JSHA)にて無料でセルフカラーのアドバイスをしています。

 

 

 

一般社団法人日本セルフカラー協会

 

https://jsha.or.jpにクリックで移動します)

 

 

セルフカラーの悩み相談

 

美容師・専門家に相談したい

 

他の人のリアルなセルフカラーを知りたい

 

セルフカラーのイベントに参加したい

 

みんなの髪色を写真で確認したい

 

楽しく白髪染めしたい

 

サロンカラーと両立したい

 

 

 

 

 

LINEで質問・相談する方法

 

 

1.スマホの方は↓をクリックして下さい

 

友だち追加数

 

パソコンの方はQRコードをスマホで読み取るか「 @upi8053o 」で検索して下さい

 

 

 

2.LINEが起動します(起動に15秒程度かかる場合があります)

 

ラインイメージ

 

3.「友だちを追加」から「美容師パパ」を友だちに追加して下さい

 

ラインイメージ

 

 

4.トーク画面からお気軽にご質問&ご相談下さい

 

ラインイメージ

 

 

美容師パパの解説

美容師パパは、2019年からはフリーランス美容師としてサロンワークも継続しています。

 

サロンワークの経験や現場の声を聞かずして、美容師は語れませんよね。

 

現場を離れる時は、次世代の美容師パパにバトンタッチしていきますので、美容師パパmediaは終わりません!

 

ご心配なきよう、お気軽にご連絡下さいませ。