美容師パパの「白髪染めトリートメントの頻度はどれぐらいが最適?」

MENU

白髪染めトリートメントの頻度はどれぐらいが最適?

 

普通の白髪染め(1・2剤、泡タイプなど)は短い頻度で染めると髪がボロボロになりますよね。

 

これはキューティクルを開く力が関係しています。(よくPH、お肌と同じ弱酸性なんていうあれです

 

アルカリ性が強いとキューティクルが開くので髪が傷みやすくなります。(プールの塩素で水泳部は髪が明るくなりやすいのと同じ理屈です)

 

 

白髪染めトリートメントは弱酸性?中性のためキューティクルはほとんど開きません。
つまり何回染めても頻度が増えても毎日染めても髪は痛みません。

 

 

  • じゃあ頻度は気にしなくていいの?

 

 

いいえ、白髪染めトリートメント頻度は「染まりの差と色持ち」に大きく関係しています。

 

 

美容師パパ目次

白髪染めトリートメントの頻度:毎日染める場合

 

  • シャンプー後のトリートメント代わりに

 

頻度:毎日

 

 

 

濡れた髪に使用するタイプの白髪染めトリートメントがおすすめしている使い方です。

 

放置時間も5分から10分間の短い時間で毎日少しずつ染めていく方法です。

 

 

じつは

 

この方法では初めの1回ではあまり色はそまりません
しっかり染めるには時間を長くして回数を増やす必要がありますね

 

 

 

 

ミルフィーユカツ風?

 

層が薄い画像

 

 

 

 

白髪染めトリートメントは「毎日」の間隔が向いている人

 

毛先の色落ちを防ぎたい人

 

お風呂で短時間で染めたい人

 


 

 

 

白髪染めトリートメントの頻度:週に1回染める場合

 

  • 白髪染めと同じ感覚で

 

頻度:週イチ

 

 

 

乾いた髪に使用するタイプの白髪染めトリートメントがおすすめしている使い方です。

 

放置時間は30分長くおくことでしっかり色を入れていく方法です。

 

 

ただし

 

はじめの数回は毎日染める必要があります。その後は週に1回染めることで色持ちを良くしていく方法です。

 

 

 

 

 

トンカツ風?

 

層が厚い画像

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントは「週イチ」の間隔が向いている人

根元のリタッチをしっかりしたい人

 

生え際を丁寧に染めたい人

 


まとめ

 

まとめます。(トンカツで例える必要はなかったですね。。。)

 

 

白髪染めトリートメントの頻度は「髪が傷まないから短い間隔で染めても安心」です。

 

 

「毎日」でも「週イチ」でも自分の好きなやり方をえらんでも大丈夫!

 

 

ただし

 

 

 

白髪染めトリートメントって1回じゃすぐに染まらないこともあると思います。

 

 

そんなときは。。。

 

 

 

 

染める頻度の3つのポイント

 

 

白髪染めトリートメントは傷まないから、「より多く・より長く」することで染まりと色持ちも良くなります。

 

 

回数(より多い回数))

毎日少しずつ・まとめてしっかり

継続(より長い期間))

毎日・週一

放置時間(より長い時間))

5分・30分

 

 

 

美容師パパが「はじめて染めるときの頻度」は

 

 

3回連続で「毎日」使ってみて、色が定着してからは「週イチ」でキレイを維持する。

 

 

 

こんなかんじで

 

 

 

なれてきたら自分流を見つける参考にしてください!

 

 

 


 

関連ページ

美容師パパの「はじめての白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパがまとめた「はじめての白髪染めトリートメント」です。白髪染めトリートメントって聞いたことあるけどよくわからない。。。メリット・デメリットから選び方と注意点まで、ポイントをおさえて白髪染めトリートメントを使いこなしましょう!
美容師パパの「白髪染めトリートメントの使い方完全版」
ヘアカラーの専門家美容師パパがまとめた「白髪染めトリートメントの使い方完全版」です。シャンプーは前にする、後にする?時間は5分、1時間?染めた後にリンスはつける、つけない?具体的にわかりやすく、少し専門的に。使い方に迷ったときは是非参考にして下さい。
美容師パパの「長持ちする白髪染めトリートメントの色落ち・色持ち」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントの色落ち・色持ちを毛束に染めて長持ちさせる方法を比較しました。同じダークブラウンでも色味が違うと、あのメーカーは染まらない!って言いたくなりますよね。。。
美容師パパの「白髪染めトリートメントは美容師に怒られる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントは美容師に怒られる?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントは美容院に通っていても急場に染めたい時だってありますよね。自宅と美容院どちらでも併用できるポイント、注意点をまとめています。美容師に嫌がられることがもしもあれば、参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントで黒髪は染まるのか?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントで黒髪は染まる?明るくなるの?美容院でのプロの視点をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「白髪染めトリートメントが染まらない?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントをせっかく買ったのに染まらない!って失敗することありますよね。染まらないのには理由があります。美容院でのプロの視点をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「白髪染めシャンプー?トリートメント?迷う時の選び方」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを比べてみました。どちらが良いのか迷いますよね。自分にあった選び方の参考にしてください。
美容師パパの「濡れた髪に塗る白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントを濡れた髪に塗るメリット・デメリットからこれだけは絶対に守る注意事項まで、自分に合った染め方の参考にして下さい。
美容師パパの「乾いた髪に塗る白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントを乾いた髪に塗るメリット・デメリットからこれだけは絶対に守る注意事項まで、自分に合った染め方の参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちがいいの?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントは結局、乾いたときと濡れたときはどっちがいいのか?いいとこ取りの塗り方をご紹介します。自分に合った染め方の参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントにヘアキャップは必要?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントにヘアキャップは必要?」の疑問に答えます。ヘアキャップは初回購入のおまけでついてくることも多いですが、わざわざかぶるのは面倒ですよね。。。ところがほとんどの商品の説明書では、ヘアキャップの使用を推奨しています。なぜそこまで必要なのか?美容師目線をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「明るい色の白髪染めトリートメントを選ぶときの注意点」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「明るい色の白髪染めトリートメントを選ぶときの注意点」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントの明るい色を選ぶときのポイントは「ブラウン味」「白髪の分量」「染まりにくい髪質」の3つです。明るく染めるために、混ぜるタイプの白髪染めとの違いも紹介しています。
美容師パパの「手が染まらないプロの白髪染めトリートメントの使い方」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「手が染まらないプロの白髪染めトリートメントの使い方」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントってダメージ0で手軽に使えますが、素手で使うと爪の間が黒くなったり。。。プロの美容師が簡単な方法で解決策を教えます。 誰でも出来るので是非試してみて下さい!