長持ちする白髪染めトリートメントの色落ち・色持ち

 

白髪染めトリートメントの色ってだんだん落ちていきます。

 

どんな白髪染めトリートメントでも

「はじめは3回連続して染めること」が大切です。

 

しっかり染まった後も、シャンプーで少しずつ色落ちしてきます。

 

色持ち・色落ちは

「どんな色の白髪染めトリートメントを使うのか?」が大切です。

 

 

実際に染めて、メーカー別、色別に「長持ちする白髪染めトリートメント」を比較していきます。

 

 

美容師パパ目次

 

メーカー別 長持ちする白髪染めトリートメントの比較

 

 

 

 

すべて「ダークブラウン」の白髪染めトリートメントで色持ち・色落ちを確認してみます。

 


 

 

「ポーラ白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

 

POLA白髪染めトリートメントブラウンの色落ち経過

 

ポーラはブラウンとブラックの2色なのでブラウンBRで比較していきます。

 

BRはレッド系のため色落ちしにくいですね。
10日後は明るくなってきますが赤みがキレイに見えてきます。

 

 


 

「資生堂プリオール白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

資生堂白髪染めトリートメント ダークブラウンの色落ち経過

資生堂プリオールのダークブラウンは色落ちするとアッシュのくすみがとれてオレンジみがでてきます。

 

10日後はブラウンもダークブラウンも同じ色・明るさに色落ちしていきます。

 


 

「利尻白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

利尻白髪染めトリートメントダークブラウンの色落ち経過

利尻は、一度しっかり染まると色落ちしても色味の変化は少ないですね。
10日後は少しだけ赤みがでてきています。

 


 

 

「ラサーナ白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

ラサーナ白髪染めトリートメントダークブラウンの色落ち経過

ラサーナはイエローブラウンなので色が落ちてくると黄みがでてきます。

 

ブラウン味が残るので、白髪が浮いたキラキラにはなりにくいです。。


 

「髪萌ヘアカラートリートメント」の色落ち・色持ち

 

髪萌白髪染めトリートメントダークブラウンの色落ち経過

髪萌カラートリートメントは、だんだんと赤みがとれて「黄みよりのブラウンに色落ち」していきます。

 

 


 

「髪萌カラーアップ」の色落ち・色持ち

 

髪萌カラーアップナチュラルブラウンの色落ち経過

髪萌カラーアップは、髪萌ヘアカラートリートメントに比べると色落ちしても赤みが残っています。
その分しっかり染まり色持ちも長くなっています。


 

 

「ルプルプ白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

ルプルプ白髪染めトリートメントダークブラウンの色落ち経過

ルプルプは、色落ちすると明るくなりますが、赤みはそのまま残ります。

 

 


 

「レフィーネ白髪染めトリートメント」の色落ち・色持ち

 

レフィーネ白髪染めトリートメントダークブラウンの色落ち経過

レフィーネは、色落ちで明るくなってきますがあまり赤みがでてきません。

 

黄色っぽく色が落ちていきます


 

 

一番長持ちする白髪染めトリートメントは?

 

 

 

 

 

暗い色のほうが明るい色よりも色持ちが長く感じました。

 

 

 

実際に比較するとメーカーの良し悪しよりも「色の違い」に誤魔化されている気がしますね。

 

同じダークブラウンでも資生堂利尻では色も明るさも全然違いますから。

 

メーカーでは利尻の色は長持ちしやすいカラーバリエーションが多かったです。

 

長持ちする白髪染めトリートメントのポイントは
  1. ダークブラウンという言葉に騙されず色を確認すること
  2.  

  3. 色落ちで色味が変化しにくい色を選ぶこと

 

 


白髪染めトリートメントの染まり方と色落ち

 

白髪染めトリートメント

 

白髪染めトリートメントは、2001年の化粧品規制緩和から配合可能になった成分を配合したカラー剤

 

 

痛んだ毛は−(マイナス)
白髪染めトリートメントは+(プラス)

 

シャンプー(マイナス)にひっつきやすく、トリートメント(プラス)と同じ働きをします。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントはくっついて染まるイメージです。(繰り返すほどに中にも入っていきます)

 


 

 

色落ちしやすいのは寒色系の白髪染めトリートメント

 

 

POLA白髪染めトリートメントブラウンの色落ち経過

POLA白髪染めトリートメントブラックの色落ち経過

レッド系とアッシュ系の白髪染めトリートメントを比べてみると

 

10日後はレッド系の方が色落ちが少なく見えると思います。

 

レッド系はは明るくなっていくにつれて、赤みがキレイに見えてきます。

 

 


 

 

 

 

アッシュ系はイエローよりに色落ちするので色味の変化を感じやすいのが理由です。

 


 

まとめ

まとめます。

 

長持ちする白髪染めトリートメントを実際に染めてみて感じたのは

 

どれも「普通の白髪染め(1・2剤タイプ)より長持ちしない」と言う事です。

 

 

白髪染めトリートメントはくり返し染めてはじめて長持ちします。

 

継続して使用することが一番の長持ちかなーと。。。

 

 

 

とはいえ、その中でもできるだけ長持ちする方法を最後に。

 

 

 

白髪染めトリートメントを長持ちさせる秘訣

 

 

 

 

この3つを忘れずに!

 

 

長持ちを最優先にするなら暖色系の白髪染めトリートメント(赤・オレンジ・黄色)を選ぶこと

 

白髪染めトリートメントを使わない日は、シャンプーの後リンスを使用すること

 

やっぱり少しずつ継続して使うこと(これが一番の長持ちです)

 


 

 

 

長持ちする白髪染めトリートメントの色落ち・色持ち関連ランキング

 

白髪染めトリートメント「色が長持ち」おすすめランキング

 

白髪染めトリートメント「色落ち」おすすめランキング