美容師パパの「白髪染めトリートメントは乾いた髪・濡れた髪どっちがいいの?」

MENU

美容師パパが語る「白髪染めトリートメントの使い方 衝撃の事実」

美容師パパの解説

 

実は
どんなタイプの白髪染めトリートメントを使っても1番効果のでる染め方があります(美容師パパ比)

 

 

  • 乾いた髪の注意点は

 

美容師パパの解説

先にシャンプーで取り除く必要があります

 

整髪料と頭皮の皮脂

 

 

 

 

  • 濡れた髪の注意点は

美容師パパの解説

シャンプーの後にタオルで取り除く必要があります

 

髪に残った水分量

 

 

 

どっちも一長一短ですよね。

 

ということは、どちらも合わせた、いいとこ取りの一番良い方法があります。

 

美容師パパ目次

     

  1. 白髪染めトリートメントが1番染まる具体的なやり方
  2.  

  3. 説明書通りに使わなくても良い理由
  4.  

  5. まとめ
  6.  

 

白髪染めトリートメントが1番染まる具体的なやり方

 

 

白髪染めトリートメントの染まりが悪くて悩んでいる人もいると思いますので
濡れた髪・乾いた髪のメリット・デメリットを考えた最善の方法をご紹介!

 


 

 

 

染める直前にシャンプー

この時にリンス・コンディショナー・トリートメントはつけないように注意して下さい。

 

 

ドライヤーでしっかり乾かす

タオルでふいた後、一度ドライヤーでしっかりと乾かして下さい。

 

 

塗る

白髪を確認しながらたっぷりと塗って下さい。生え際は特に丁寧に何度か重ね塗りして下さい。

 

 

30分放置

5分・10分放置と説明書に書いてあっても最低30分は待ってから流して下さい。

 

(シャンプー)

お好みで。なしでも大丈夫ですが、色残りが気になる場合はしっかりとお湯で流して下さい。
シャンプーの成分が残ると色落ちの原因になります。

 

(リンス・コンディショナー・トリートメント)

お好みで。なしでも大丈夫ですが、シャンプーした場合は使用したほうが指通りがより良くなります。

 

 

 

 

 

「白髪染めトリートメントの説明書通り」に使わなくても良い理由

 

  • 説明書を読むと、商品ごとに微妙に使い方が違うような。。。

 

美容師パパの解説

3通りのタイプがあります

乾いた髪に塗る方法をおすすめ

 

濡れた髪に塗る方法をおすすめ

 

乾いた髪濡れた髪どちらの方法もおすすめ

 

 

 

 

 

濡れた髪用、シャンプー後のリンス代わりに毎日使うタイプを、乾いた髪に30分おいてはいけないの?

 


 

 

 

全然大丈夫です!!

 

リンス代わりに使うタイプも
しっかり染めたい場合は時間を長くおくように!と説明書に書いてあります。

 

  • 乾いた髪に塗るときは髪の汚れをとってから
  • 濡れた髪に塗るときは水分をとってから

 

これさえ守れば染まります!

 

 

 

慣れてきたら自分なりの使い方で構いませ

 


 

 

まとめ

 

まとめます。

 

一番効果のでるやり方をご紹介しました。

 

 

 

でも

 

 

 

美容師パパの解説

実際は面倒ですよね!(シャンプーして乾かしてまた塗って長い時間待つのって。。。)

  1. 染める直前にシャンプー
  2. ドライヤーでしっかり乾かす
  3. 塗る
  4. 30分放置
  5. (シャンプー)
  6. (トリートメント)

 

 

なので

 

 

 

 

 

 

染まりがイマイチだなーって感じたら

 

希望の明るさまでこのやり方を毎日繰り返す。

 

染まってからは気になった時に自分流にアレンジ!

 

染まりが悪いときは初心に帰ってこのやり方をでやってみる!

 

 

 

 

こんなやり方で取り入れてみて下さい

 

 


 

美容師パパの解説

それでもうまくいかない場合は選んでいる選んだ色を間違えている事がおおいです。

 

 

関連ページ

美容師パパの「はじめての白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパがまとめた「はじめての白髪染めトリートメント」です。白髪染めトリートメントって聞いたことあるけどよくわからない。。。メリット・デメリットから選び方と注意点まで、ポイントをおさえて白髪染めトリートメントを使いこなしましょう!
美容師パパの「白髪染めトリートメントの使い方完全版」
ヘアカラーの専門家美容師パパがまとめた「白髪染めトリートメントの使い方完全版」です。シャンプーは前にする、後にする?時間は5分、1時間?染めた後にリンスはつける、つけない?具体的にわかりやすく、少し専門的に。使い方に迷ったときは是非参考にして下さい。
美容師パパの「長持ちする白髪染めトリートメントの色落ち・色持ち」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントの色落ち・色持ちを毛束に染めて長持ちさせる方法を比較しました。同じダークブラウンでも色味が違うと、あのメーカーは染まらない!って言いたくなりますよね。。。
美容師パパの「白髪染めトリートメントは美容師に怒られる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントは美容師に怒られる?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントは美容院に通っていても急場に染めたい時だってありますよね。自宅と美容院どちらでも併用できるポイント、注意点をまとめています。美容師に嫌がられることがもしもあれば、参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントで黒髪は染まるのか?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントで黒髪は染まる?明るくなるの?美容院でのプロの視点をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「白髪染めトリートメントが染まらない?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントをせっかく買ったのに染まらない!って失敗することありますよね。染まらないのには理由があります。美容院でのプロの視点をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「白髪染めシャンプー?トリートメント?迷う時の選び方」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを比べてみました。どちらが良いのか迷いますよね。自分にあった選び方の参考にしてください。
美容師パパの「濡れた髪に塗る白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントを濡れた髪に塗るメリット・デメリットからこれだけは絶対に守る注意事項まで、自分に合った染め方の参考にして下さい。
美容師パパの「乾いた髪に塗る白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントのこれって何?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントを乾いた髪に塗るメリット・デメリットからこれだけは絶対に守る注意事項まで、自分に合った染め方の参考にして下さい。
美容師パパの「白髪染めトリートメントにヘアキャップは必要?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントにヘアキャップは必要?」の疑問に答えます。ヘアキャップは初回購入のおまけでついてくることも多いですが、わざわざかぶるのは面倒ですよね。。。ところがほとんどの商品の説明書では、ヘアキャップの使用を推奨しています。なぜそこまで必要なのか?美容師目線をわかりやすくまとめます。
美容師パパの「明るい色の白髪染めトリートメントを選ぶときの注意点」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「明るい色の白髪染めトリートメントを選ぶときの注意点」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントの明るい色を選ぶときのポイントは「ブラウン味」「白髪の分量」「染まりにくい髪質」の3つです。明るく染めるために、混ぜるタイプの白髪染めとの違いも紹介しています。
美容師パパの「白髪染めトリートメントの頻度はどれぐらいが最適?」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「白髪染めトリートメントの頻度はどれぐらいが最適?」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントの頻度は普通の白髪染めの頻度と違います。白髪染めトリートメントならではの注意点があります。色持ちにも関係するので参考にして下さい。
美容師パパの「手が染まらないプロの白髪染めトリートメントの使い方」
ヘアカラーの専門家美容師パパが「手が染まらないプロの白髪染めトリートメントの使い方」の疑問に答えます。白髪染めトリートメントってダメージ0で手軽に使えますが、素手で使うと爪の間が黒くなったり。。。プロの美容師が簡単な方法で解決策を教えます。 誰でも出来るので是非試してみて下さい!