乾いた髪に塗る白髪染めトリートメントのはなし

 

 

 

白髪染めトリートメントの説明書には

 

  • 髪に塗って15〜30分後にシャンプーでしっかり流す

 

 

乾いた髪に使う白髪染めトリートメントは、「シャンプー前の傷まない白髪染め」と考えて作られている商品が多いようですね。

 

順番は

 

  1. (前日シャンプー)
  2. ブラッシング
  3. 白髪染めトリートメント
  4. シャンプー
  5. (リンス・コンディショナー・トリートメント)
  6.  

 

で使用します。(前日シャンプーって「結局シャンプー必要なの?」って思いますよね。。。

 

 

 

美容師パパ目次

 

乾いた髪に塗る白髪染めトリートメントって?

 

 

 

 

乾いた髪に使う白髪染めトリートメントは何が違うの?

 


 

 

 

 

普通の白髪染め感覚で使いやすいのが特徴です。

 

初めの数回集中して染めた後は週1回の頻度で使うタイプに多いです。

 


 

乾いた髪に塗るメリット

 

白髪を確認して塗りやすい

 

髪が濡れると白髪の場所がわかりづらくなります。生え際やもみあげなどの細かい部分を丁寧に塗りやすいです。

 

待ち時間で他の事ができる

 

シャンプーするためにお風呂に入るまでは自由に時間が使えます。
しっかり染めたいときには長めに時間を置きやすいです。

 

お風呂の時間が短くなる

 

シャンプーして流せば終わりです。

 

 

 

 

美容院でも、美容師パパは「根元のリタッチ」は乾いた髪(ドライ)で塗ることが多いです。

 


乾いた髪に塗るデメリット

 

放置時間が面倒

 

普通の白髪染めと同じように30分はおいたほうが染まりが良くなります。

 

 

薬が床や洋服につかないように準備必要

 

お風呂場ならすぐにシャワーで流せば、床も汚れません。

 

 

整髪料、頭皮の脂(ひし)で染まりが悪くなる

 

髪が汚れている場合はそのまま塗ると染まりが悪くなる事もあります。

 

前日シャンプーが必要な理由です。頭皮の皮脂はシャンプー後8時間で元の皮脂量に戻ります

 

 

美容院でも、美容師パパは「根元のリタッチ」は乾いた髪(ドライ)で塗ることが多いです。


乾いた髪に塗るタイプが向いている人

 

美容パパウインク

根元の白髪(リタッチ)をしっかりしたい人

 

 

生え際をしっかり染めたい人

 

 

お風呂で染めたくない人

 

まとめ

 

まとめます。
白髪染めトリートメントを乾いた髪に塗る場合注意することは1つだけです。

 

 

 

乾いた髪の天敵は

整髪料と頭皮の脂

 

 

 

これが薬を弾くと染まりません。
これが結局前日にシャンプーが必要になる理由です。

 

 

シャンプーしてから頭皮の脂が元に戻るまでは8時間です。

 

こだわりすぎなくてもよいですが、染める前日にシャンプーをしておく事で染まりも良くなります。

 

 

 

 

乾いた髪に塗る白髪染めトリートメントのポイントは

 

特に根本の白髪をしっかり染めたい場合は「前日のシャンプー」または「直前にシャンプーしてから一度乾かす」事が大切です。(面倒だけど染まりが弱いときはチャレンジです!)