美容師パパの白髪染めトリートメントおすすめランキング

MENU

「資生堂SHISEIDO」白髪染めトリートメント

SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー

 

 

資生堂白髪染めトリートメント

資生堂プリオールレーダーチャート

 

資生堂の白髪染めトリートメント「プリオールカラーコンディショナー」です。
資生堂ブランドの厳しい安全基準を満たした、髪・地肌の痛みを防ぐ処方です。

 

白髪ケアのパサツキ・きしみを防ぎながら、ボリュームアップのケアもできます。

 

5分で染まるとありますが、まずはじめの3回は連続で染めて下さい。

 

いきなり5分は染まりません

 

明るめのベージュの色構成のため暗くなりすぎないように明るい色を重ねることで、段々と深く発色します。

 

 

色はブラウン・ダークブラウン・ブラックの3色構成です。

 

ブラウン暖かみのある明るいウォームベージュに染まります。
ダークブラウンくすみのある明るいアッシュベージュに染まります。

 

いかにも染めている感じが嫌いな人・白髪が伸びたときのプリンをくっきり出したくない人向き

 

色味の確認さえ間違えなければ、明るめの自然な白髪染めが出来る白髪染めトリートメントです。

 

 


 

期間限定キャンペーン中

資生堂プリオールボタン

 

 

 

初回価格 1,382円
容量 230g
送料 1本から無料
返金保証 あり 到着から30日以内
月間コスト 640円
初回特典 資生堂カラーケアシャンプー(40ml) 次回使える500円割引きクーポン

 

 

 

 

「SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー」比較レビュー

 

 

資生堂プリオールの配達体験

 

注文してから到着まで1日でした。(ネット注文で日にちと時間が選べます。 次の日の午後指定で届きました。)
コンビニ支払いの場合無料です。代引きは324円必要です。


 

資生堂プリオールの配達体験

 

開け口が凝ってますね。

 

ちょっとしたことですが素敵です。


 

資生堂プリオールの配達体験

中には資生堂のWEB専用の冊子が入っています。

 

 


 

資生堂プリオールの配達体験

おうちで美容相談もできるようです。

 

白髪染めなら美容師パパはLINE相談できます(おじさんですが!)


 

 

資生堂プリオールの体験

あれ??

 

広告がないのは珍しいですね。

 

 


 

資生堂プリオールの体験

 

資生堂のWEB専用のオンラインショップの紹介だけでシンプルなのには、好感がもてます。
全然関係のない広告が入っていることもありますから。。。


 

資生堂プリオールの体験

プリオールカラーケアシャンプーのミニボトルです。

 


 

資生堂プリオールの体験

同じブランドでつくっているシャンプー・コンディショナーなどは、相性が良く他メーカーのカラーケアを使うよりも効果を発揮しやすくなります。


 

資生堂プリオールの体験

ツバメの巣のような梱包ははじめてみました。
お洒落ゴコロは大切です。

 


 

 

資生堂プリオールの体験

 

 

美容師パパの「気になる成分チェック」

 

美容師パパの成分チェック

資生堂プリオールの体験

 

資生堂は、「カラートリートメント」ではなくて「カラーコンディショナー」の表記になっていますね。

 

塩基性染料フリー(資生堂独自の)処方によってシャンプー後のリンス代わりの使用を推奨しているためだと思います。

 

特にトリートメント効果が弱いわけではないので、心配なく!

 


 

 

資生堂プリオールの体験

 

 

 

資生堂プリオールの体験

 

 

資生堂プリオールの体験

 

資生堂のオンラインショップwatashi+(ワタシプラス)ではじめての購入でしたが、メイクやスキンケアなど資生堂の商品はほとんどココでも買えるようです。

 

美容師パパのコスパの解説

 

初回購入クーポンとワタシプラス会員登録クーポンで500円の割引が次回購入で出来ると考えると。。。

 

 

1,382−500= 882円!!

 

 

 

 

価格の面では、今までで一番のコスパです。(普段資生堂の商品を使っている方にはおすすめです。)

 

 


 

 

資生堂プリオールボタン

 

 

 

資生堂プリオールの白髪染めの色確認

美容師パパの解説

早速比較しやすいように白い毛に染めていきます。

比較のため

ダークブラウンで統一しています

 

結果の個人差をなくすために

白髪(人毛)で統一しています

 

時間はすべて

30分で統一します(気温も同時期)

 

 


 

資生堂プリオールの白髪染めのチューブの形

 

資生堂プリオールのチューブは定番の形です。ルプルプと同じタイプ(少しだけ大きい)。POLAより小さめです。

 


 

資生堂プリオールの白髪染めの色

資生堂プリオールの白髪染めの色

 


 

美容師パパの「香りと質感チェック」

 

美容師パパの香りチェック

薬の硬さは、液垂れはしないけど一番やわらかいかも?
色は栗色、ベージュっぽいですね。

 

香りは白髪染めトリートメントでは、今までに嗅いだことのない新築の家のような?」「ゼラニウムのような?伝えるのが難しい香りです。

 

「ナチュラルなフローラルグリーンの香り」らしいですが、いまいちピンとこない香りです。。。

 

 

 

 

資生堂プリオールの白髪染めダークブラウン

 

資生堂プリオール(ダークブラウン)30分で染めた白髪です

 

(クリックで大きくなります)


 

 

 

「SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー」ダークブラウンの色

 

ダークブラウン

資生堂プリオールダークブラウンの色

 

 

資生堂プリオールボタン

 

 

 

美容師パパの目次

ダークブラウンとブラウンも比較していきます。

資生堂プリオールの白髪染めブラウン

 

 

 

資生堂プリオールブラウンの色

つづきまして、資生堂プリオール(ブラウン)を染めていきます。

 

ニオイも薬の硬さも同じですが、ダークブラウンよりブラウンの方が薬に少し赤みを感じますね。

 

 

 


 

資生堂プリオールの白髪染めブラウン

 

資生堂プリオール(ブラウン)
30分で染めた白髪です

 

(クリックで大きくなります)


 

 

「SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー」ブラウンの色

 

ブラウン

資生堂プリオールブラウンの色

 

 

資生堂プリオールボタン

 

 

 

 

資生堂プリオール「ダークブラウン」と「ブラウン」の色の比較

 

 

ブラウン

資生堂プリオールの白髪染めブラウン

 

ダークブラウン

資生堂プリオールの白髪染めダークブラウン

 

資生堂プリオールはブラウンには赤みを感じ、ダークブラウンはアッシュにくすんだベージュです。

 

どちらも明るいベージュです。

 

明るさの違いはそんなに感じませんね。ダークブラウンのアッシュを取って鮮やかにしたのがブラウンって感じです。

 

 


 

資生堂プリオールブラウンとダークブラウンの比較

 

実際の色味はベージュなのでダークブラウンの言葉に騙されて「全然染まらない。。」って勘違いしてしまう人が多そうです。

 

資生堂プリオールに関しては
ブラウンとダークブラウンは 明るさよりも色味の違いで選ぶと失敗しないと思います。

 

オレンジよりならブラウン」「アッシュよりならダークブラウン」を選んで下さい。

 

 

資生堂プリオールボタン

 

 

 

 

資生堂プリオールを素手で染めました

 

ブラウン

資生堂プリオールブラウンを染めた手

 

ダークブラウン

資生堂プリオールダークブラウンを染めた手

 

シャンプー後の「リンス代わりの使用をおすすめ」しているだけあり、素手の色移りは弱めです。

 

色味のせいなのか、ブラウンの方がダークブラウンよりも手が染まりやすいですね。

 


 

 

「資生堂プリオールカラーコンディショナー」その後の色落ちを確認しました

 

資生堂白髪染めトリートメント ブラウンの色落ち経過

 

資生堂白髪染めトリートメント ダークブラウンの色落ち経過

ダークブラウンは色落ちするとアッシュのくすみがとれてオレンジみがでてきます。

 

10日後はブラウンもダークブラウンも同じ色・明るさに色落ちしていきます。

 


 

 

 

 

「SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー」こんな人は使用してはいけません

 

美容師パパ汗

 

暗めに染めたい人には向いていません

 

資生堂プリオール(ダークブラウン)はくすみのあるアッシュベージュの設定になっています。
資生堂プリオール(ブラウン)は暖かみのあるウォームベージュの設定になっています。
色味の画像からわかるようにどちらも明るく、繰り返しても暗めには染まらないんです。

 

はじめから短時間で染めたい人

 

カンタン5分の白髪ケア、5分でOKと書いてありますが、はじめから5分では染まりません!薄っすらと色がつくぐらいです。先ずは騙されたと思って3回染めて下さい、その後はシャンプーの後5分で染まります。(5分ですばやく染めたいならPOLAです)

 

 

 

 

美容師パパかっこつけ

「SHISEIDOプリオールカラーコンディショナー」染めた美容師パパの感想 まとめ

 

ダークブラウンはアッシュベージュの白髪染めトリートメント
ブラウンはウォームベージュの白髪染めトリートメント

 

実際に染めてみたらブラウン・ダークブラウンは他メーカーのブラウン・ダークブラウンの中で一番明るい白髪染めトリートメントです。

 

色味の確認をしないで使うと、価格も安いので「やっぱり染まらない!!」と思いたくもなります
はじめから暗めには染まらない色素構成になっています。

 

5分では染まらない!!

 

はじめて染める場合5分では薄っすらと色がつくぐらいです。
資生堂プリオールで大切なのは必ず3回は続けて諦めずに染めること
その後なら5分でも本当に染まります。

 

(色味のバランスでポーラの5分とは染める作用が違います。)

 

ブラウンの方が手が染まりやすい

 

ブラウンの方が赤みがあるからなのか、ダークブラウンよりブラウンの方が手に色残りが多い印象を受けました。
資生堂プリオールは他の白髪染めトリートメントに比べて、ついた色が石鹸でとても良く落ちます。
(白髪染めトリートメントは石鹸とくっつきやすいのですが、プリオールはびっくりするぐらい綺麗に石鹸で色が落ちます

 

 

乾かしてもペタンコになりにくい

粗悪なトリートメントは何だか重いベタっとした仕上がりになりますが、ツヤをだしながら軽さもあるので、ふんわりハリ・コシもキープできます。

 

「安い=染まらない」ではない

 

資生堂は薬事法で決められている以上に、取り扱っている商品の「安全性」にこだわりがある企業です。

 

  • (規制緩和により使用されている還元剤システアミンも資生堂だけは、厳しい安全基準により商品化されていません)

 

  • プリオールは「カラートリートメント」ではなく「カラーコンディショナー」のネーミングです。(薬事法ではリンス・コンディショナー・トリートメントは自社基準で自由にネーミングできるので成分が他の白髪染めトリートメントに劣っているわけではありません。)

 

染まらない場合の理由はやはり「色を見て選択していないから」です。

 

コスパが良いため、逆に品質が悪いのではないか?と心配になるほどですが。。。

 

白髪染めのキラキラが治せるコスパも高い白髪染めトリートメント

 

  • 染めたことがわからないぐらいに染めたラインをぼかして自然に染めたい人
  • 毎日のリンス代わりにキラキラ白髪を防止したい

 

リンス代わりに気楽に使うだけでキラキラ白髪になりません。資生堂プリオール公式ページならコストパフォーマンスもさらに高くなります。

 

 

 

 

期間限定キャンペーン中

資生堂プリオールボタン