リタッチとカラートリートメントは同じ日に?

 

 

 

美容師パパの「白髪染めトリートメントお悩み相談コラム」

 

今回はリタッチとカラートリートメントは同じ日に?のご相談です。

 

 

リタッチとカラートリートメントは同じ日に?の相談

リタッチとカラートリートメントは同じ日に?の相談

 

はじめまして。
学生時代から白髪があり、30代から白髪染めを始めました
元々クセのある髪質ではありましたが、最近以前よりクセが強く広がる気がします。
昨日 伸びた部分のリタッチをして翌日からカラートリートメントで毛先のケアをしようかと思いますが、同じ日にするべきでしたか?
痛みに対する対応を教えて頂けるとうれしいです
お忙しいとは思いますがよろしくお願いします

 

 

美容師パパ

〜さん、はじめまして!
リタッチとは同じ日ではなくて大丈夫ですよ(^-^)

 

ダメージは進行を止めることが大切!1.2剤の白髪染めで毛先まで塗らないように注意して下さいp(^_^)q

 

 

ありがとうございます!
例えば髪を切るなどして、ダメージがなくなればクセや広がりも戻るのでしょうか?

 

 

 

 

https://hakuhatsu.net/soudan/shiragasoudan/kuse.html

 

こちらが参考になると思います(^_^)

 

 

 

 

 

ありがとうございました

 

 

 

美容師パパメガネ

まずダメージを抑えること、髪質の変化に髪が耐えられる染め方をすれば、戻る可能性は十分ありますよ!p(^_^)q

 

 

 

 

どうしても年齢と共にクセが出ますね!
仕事柄 黒くなければいけないので、元の髪色より黒く染める習慣が良く無かったのかもです。
頑張ります!(*^^*)

 

 

 

 

 

リタッチとカラートリートメント??っていう人はまずはこちらを見てください。

「美容師パパの絶対に痛まない染め方」

 

今までに一度もカラーリングしていない髪って、もちろん「ぜんぶ黒色」ですよね!

 

はじめの1回は毛先までもちろん塗ってください(泡タイプ・乳液タイプでもあり)

 

 

 

問題はその後。。。

 

 

 

 

次染めるときに

  • 「もっと明るく染めたい」なら、明るめの薬を毛先まで塗るのはOK!!

 

 

みんなが失敗してるのは、

 

 

  • 「色落ちで明るくなったから暗めにしたい」とき!!!

 

 

根本で使った薬が暗めだと、余計にそのまま毛先まで塗りたくなっちゃう気持ちはわかります(´;ω;`)

 

 

リタッチのあと、毛先まで塗るときに選ぶポイントは

 

目的の明るさになったとき、その明るさと同じぐらいの薬を選ぶこと

 

つまり

 

「維持できる明るさと色」の白髪染めトリートメントを選ぶこと

 

 

 

「美容師パパの絶対に痛まない染め方」なりたい髪色をクリックして、市販のカラーを探す参考にてください。

 


 

 

 

 

 

 

美容師パパの「セルフカラーお悩み相談室」

 

 

美容師とセルフカラーの架け橋となる活動をしてきた美容師パパですが、

 

2019年より、多くのご支援・ご協力いただき

 

【一般社団法人日本セルフカラー協会】の設立が実現し「公認アドバイザー」に就任いたしました。

 

 

 

美容師パパの解説

みんなの悩み・みんなで解決

日本初! セルフカラーの駆け込み寺

 

一般社団法人日本セルフカラー協会(JSHA)にて無料でセルフカラーのアドバイスをしています。

 

 

 

一般社団法人日本セルフカラー協会

 

https://jsha.or.jpにクリックで移動します)

 

 

セルフカラーの悩み相談

 

美容師・専門家に相談したい

 

他の人のリアルなセルフカラーを知りたい

 

セルフカラーのイベントに参加したい

 

みんなの髪色を写真で確認したい

 

楽しく白髪染めしたい

 

サロンカラーと両立したい

 

 

 

 

 

LINEで質問・相談する方法

 

 

1.スマホの方は↓をクリックして下さい

 

友だち追加数

 

パソコンの方はQRコードをスマホで読み取るか「 @upi8053o 」で検索して下さい

 

 

 

2.LINEが起動します(起動に15秒程度かかる場合があります)

 

ラインイメージ

 

3.「友だちを追加」から「美容師パパ」を友だちに追加して下さい

 

ラインイメージ

 

 

4.トーク画面からお気軽にご質問&ご相談下さい

 

ラインイメージ

 

 

美容師パパの解説

美容師パパは、2019年からはフリーランス美容師としてサロンワークも継続しています。

 

サロンワークの経験や現場の声を聞かずして、美容師は語れませんよね。

 

現場を離れる時は、次世代の美容師パパにバトンタッチしていきますので、美容師パパmediaは終わりません!

 

ご心配なきよう、お気軽にご連絡下さいませ。