美容師パパの白髪染めトリートメントおすすめランキング

MENU

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの併用

 

美容師パパの「白髪染めトリートメントお悩み相談コラム」

 

今回は「白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの併用」とのご相談です。

 

 

 

白髪染めをやめる時に白髪染めトリートメントとヘアマニキュアを使用しながら徐々に白髪染め自体を止めていこうってことですね!

 

 

 

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの併用の相談

 

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアの併用の相談


はじめまして。

 

初めて質問させていただきます。

 

現在、白髪染を長年に渡ってしています。

 

 

 

 

白髪染をやめてゆくゆくは白髪ののままの頭にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

白髪染をやめ

 

白髪染めトリートメントとヘアーマニュキュアの併用を考えています。

 

 

 

 

 

 

 

白髪染の部分がなくなったとき

 

トリートメント、マニュキュアをやめると自然に白髪になりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

また、この併用は問題ないでしょうか。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師パパパッチリ

 

〜さんはじめまして!

 

 

仰る通り自然に止めるにはどちらかで良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

色の染まりはどちらも似ていますが、性質はプラスとマイナスで真逆になります。マニキュアは白髪染めトリートメントで取れやすくなるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます??

 

 

 

 

直近に美容院に行く予定なので相談してみます??

 

 

 

 

 

短いご相談ですが、みんな間違えやすいポイントです。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアって、染まりと色落ちがよく似ています。染色の仕方もよく似ていますが作用がプラスとマイナスで逆のためくっついて剥がれてしまいます。

 

 

 

美容院では白髪染めトリートメントはブリーチでも色を落とせるのですが、その場合不用意に黒髪のメラニンを削ってしまうリスク(白髪だけなら良)とダメージ!!髪の傷みが一番心配です。

 

 

もともと髪が傷むのを避けるために白髪染めトリートメントを使用しているのに色を抜く時にブリーチはちょっと。。。ということで美容師パパは透明のヘアマニキュアを使用しています。

 

あと、

「白髪染めトリートメントとヘアマニキュアはどちらも髪が傷まないから!」とどちらも一緒に使用したくもなりますが注意してくださいね。

 

 

白髪染めトリートメントとヘアマニキュアはどちらかにすること!(併用はおすすめしません)

 

 

徐々に白髪染めを止める場合は自宅で白髪染めトリートメントの方が頭皮に色がつく心配はないので気軽にできると思います。

 

 

 

白髪染めを止めたい、止める手順はこちらも参考に

https://hakuhatsu.net/soudan/shiragasoudan/yamerutoki.html

 

 

 

 


 

 

関連ページ

美容師パパコラム「最後にたどりついた白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「最後にたどりついた白髪染めトリートメント」です。たくさんお白髪染めトリートメントを試して「自分だけのピッタリな1本」がみつかった御報告を頂きました。失敗しない白髪染めトリートメント選びの参考になると思います。
美容師パパコラム「痒みのでない白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「痒みのでない白髪染めトリートメント」です。白髪染めトリートメントは酸化染料のジアミンを含まないため、通常の白髪染めにアレルギー反応が出てしまう人でも使用可能です。でもそれでも痒くなってしまったら。。 低刺激の白髪染めトリートメントでもかゆくなる原因と対策です。
美容師パパコラム「赤みのない白髪染めトリートメントはプリオール?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「赤みのない白髪染めトリートメントはプリオール?」です。赤みを抑える場合寒色系の色選びは大切です。そしてもう一つのポイントは染める前の髪に残った染料です。 もともと暗い髪色に明るい白髪染めトリートメントでは抑えきれず、もともと赤みが強い髪も同様です。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントが笑ってしまうほど染まりません」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントが笑ってしまうほど染まりません」です。白髪染めトリートメントもたしかに染まり方に個人差があります。でもその前の「塗り方」と「色選び」で間違っていることがほとんどです。それでも染まらない時は気軽に連絡くださいね。
美容師パパコラム「ブリーチした後の白髪染めトリートメントでめちゃめちゃ綺麗」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「ブリーチした後の白髪染めトリートメントでめちゃめちゃ綺麗」です。白髪染めトリートメントって明るい髪を落ちつかせたり・キープしたりは得意。でも黒髪が多い髪を明るく見せるのは苦手なんです。ブリーチって自宅では難易度が高いので、別の方法で明るく染めることもできますよ。
美容師パパコラム「パーマに白髪染めトリートメントは何日あける?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「パーマに白髪染めトリートメントは何日あける?」です。パーマの前と後で白髪染めトリートメントを注意するポイントが違います。普通のロッドに巻きつけるパーマと、縮毛矯正やデジタルパーマのように熱を使用するパーマでも、白髪染めトリートメントを使うポイントに注意してください。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントは黒髪も染まる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントは黒髪も染まる?」です。黒髪ももちろん染まってはいるのですが、明るくはならないんです。 白髪染めトリートメントはキューティクルを開いて髪を傷めずに、逆にいたんだ髪にくっついて守ってくれます。先に黒髪を明るく染めた後なら併用して明るめの髪を綺麗に保てます。
美容師パパコラム「3日後に別の白髪染めトリートメントは大丈夫?」
美容師パパのお悩みコラム「3日後に別の白髪染めは大丈夫?」です。白髪染めトリートメント同士なら心配ありません。クリーム、泡タイプ。ヘナや酸性カラー等別のタイプの白髪染めを使うときは注意です!
美容師パパコラム「明るくなりすぎた髪を落ち着かせる白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「明るくなりすぎた髪を落ち着かせる白髪染めトリートメント」です。 ダークブラウンって聞くと暗くなりそう気がしますよね?白髪染めトリートメントはメーカー毎に色味が同じ名前でも全然違います。 名前に騙されずに、しっかり色を見て選ぶのが「失敗しないポイント」です。
美容師パパコラム「利尻ヘアートリトメントが5分で思いのほか暗く染まりました」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「美容師パパコラム「利尻ヘアートリトメントが5分で思いのほか暗く染まりました」です。染める前の自分の明るさは重要です。明るめの白髪染めトリートメントよりも暗めの白髪染めトリートメントを選ぶときは慎重に!同じダークブラウンでも明るい白髪染めトリートメントもありますから確認して下さい。
美容師パパコラム「なるべく赤くならないトリートメントを教えてほしい」
美容師パパのお悩みコラム「なるべく赤くならないトリートメントを教えてほしい」です。白髪染めトリートメントはダークブラウンと言っても赤みがあったりなかったり。。。色味の確認を先にすることが失敗しない選び方の秘訣です。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントで内側の毛が染まらない」
美容師パパのお悩みコラム「白髪染めトリートメントで内側の毛が染まらない」です。表面の髪、分け目の髪、生え際の髪は染まっているのに、なぜか内側の髪だけ染まらないって感じることって多いですよね。原因と対策を質問のケースから想像してお話します。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントって変色する?」
美容師パパのお悩みコラム「白髪染めトリートメントって変色する?」です。白髪染めトリートメントってヘアマニキュア(酸性カラー)とくっついて色落ちするって知っていましたか?色の落ち方で変色してみえてしまうこともあると思います。でも白髪染めトリートメントの変色には誤解もいっぱいです。間違った情報に振り回されないでくださいね。
美容師パパコラム「美容師に白髪染めトリートメントを勧められました」
美容師パパのお悩みコラム「美容師に白髪染めトリートメントを勧められました」です。美容院で白髪染めしたくても、色々な事情でサロンに行けないときもありますよね。コスト・時間・回数・距離などなど。担当美容師が決まっていれば自宅ケアの1つとして自宅での白髪染めトリートメントも相談してみて下さい。
美容師パパコラム「もみあげの髪と白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「もみあげの髪と白髪染めトリートメント」の相談です。普通の白髪染めでも、もみあげの白髪って特に染まりづらい!白髪染めトリートメントを使う場合の染めるポイントをまとめました。地肌が暗く染まってしまう人も是非参考にしてください。
美容師パパコラム「白髪染めを反対された時は白髪染めトリートメント」
美容師パパのお悩みコラム「白髪染めを反対された時は白髪染めトリートメント」です。はじめての白髪染めは不安も大きいですよね。若白髪を染めたいのに御両親が反対する場合、白髪染めトリートメントなら髪も傷まず途中で染めるのをやめても髪は明るくなりません。白髪染めよりもハードルは低いので一度白髪染めトリートメントから試してみて下さい。
美容師パパコラム「赤味がどうしてもイヤなときの白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「赤味がどうしてもイヤなときの白髪染めトリートメント」です。白髪をしっかり染めようとすればするほど、髪に赤味って残りやすいんです。白髪も染めながらできるだけ赤味を抑える方法も参考にしてください。
美容師パパコラム「利尻のライトブラウンで明るく染まる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「利尻のライトブラウンで明るく染まる?」の相談です。白髪染めトリートメントで染める場合、メラニン色素の色を抜いて黒髪を明るくする効果はありません。白髪の分量が明るく染まるかのポイントになります。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントは脱染剤で落とせる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントは脱染剤で落とせる?」です。ブリーチで白髪染めトリートメントの色を落とすのはちょっと待って!!傷んでもいいから明るくしたいからと、ブリーチを使いがちですが、注意するポイントがあるんです。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメント後の髪色チェンジ」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメント後の髪色チェンジ」です。白髪染めトリートメントは頻繁に髪色を変えたい人にはあまりおすすめしません!でも髪を傷めずに染めれるのはありがたいですもんね。。。髪色を変えたいときのポイントをお話します、注意して白髪染めトリートメントを使いこなしてください。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントでムラに染まる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントでムラに染まる?」です。白髪染めトリートメントは、自宅で気軽に使用できる反面「注意するポイント」もあります。美容院のカウンセリングでも気軽に伝えることも大切です。
美容師パパコラム「明るめで色持ちの良い白髪染めトリートメント」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「明るめで色持ちの良い白髪染めトリートメント」です。数本の白髪だと抜いたり、明るく染めたりって多いですよね。美容師は明るく染めれば気にならないと言うけども。。。やっぱり気になります!白髪染めトリートメントも効果的に取り入れてください。
美容師パパコラム「ヘアカラートリートメントをもう一度チャレンジ」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「ヘアカラートリートメントをもう一度チャレンジ」です。白髪染めシャンプー・トリートメントも新商品が増えて、性能もアップしています。もう一度使ってみたいときの注意事項をご紹介。今回は失敗のリスクの少ない選択のお手伝いをします!
美容師パパのコラム「白髪を目立たない色にする白髪染めトリートメントは?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪を目立たない色にする白髪染めトリートメントは?」です。単純に考えれば、白髪を黒髪と同じぐらいに暗めにしっかり染めれば良いと思いますよね?白髪を目立たないように染めようと市販の1・2剤タイプの白髪染めで、みんなが知らずに失敗しやすいポイント教えます。
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントで地肌も染まる?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントで地肌も染まる?」です。普通の白髪染めと比べれば、地肌への染まりは弱く、色残りもくらべものにならないぐらい弱いです。でも、完全に0かというとちょっと染まってしまう、そのちょっとが気になる気持ちもわかります!そんなときの対処法も参考に!
美容師パパコラム「プリオールは乾いた髪でもok?毎日使っていいの?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「プリオールは乾いた髪でもok?毎日使っていいの?」です。白髪染めトリートメントは、シャンプー前の乾いた髪と、シャンプー後の濡れた髪に使う場合があります。毎日使うが愛の注意点も参考にしてください。
美容師パパコラム「利尻ナチュラルブラウンはプリオールのダークブラウンより明るい?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「利尻ナチュラルブラウンはプリオールのダークブラウンより明るい?」です。白髪染めトリートメントの色味って、公式HPの色味と少し違うってことも??きれいに画像処理をしてあると、肉眼とは見え方が少し変わってしまいます。できるだけ見た目に近い白髪染めトリートメントの色味になるように努力しているので、その過程のお話も参考になれば嬉しいです。
美容師パパコラム「白髪染めは美容院?自宅で白髪染めトリートメント?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めは美容院?自宅で白髪染めトリートメント?」です。白髪染めトリートメントも色々な種類が発売されるようになり人気ですね。じゃあもう美容院では染めないほうが良いの?なんて相談も多くもらいます。美容師だからこその美容師パパの考えをお話しますm(_ _)m
美容師パパコラム「白髪染めトリートメントで暗くならない方法ある?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「白髪染めトリートメントで暗くならない方法ある?」です。白髪は染まってほしいけど、できるだけ全体は明るい印象にしたいですよね。根本の白髪を染めるためだけに、全体に白髪染めトリートメント「を使うと暗くなりがち。。。。美容師パパのの解決方法教えます。
美容師パパコラム「ルプルプで根元の光る様な赤みが気になる」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「ルプルプで根元の光る様な赤みが気になる」です。ルプルプのダークブラウンの色を比較してみると、じつは赤みがちょっと強めです。それが色落ちのときに気になるのかも?メーカーが違うと同じ名前の色でも違った色になる理由をお話します。
美容師パパコラム「カラートリートメントの3回連続って3日続けて?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「カラートリートメントの3回連続って3日続けて?」です。白髪染めトリートメントも新商品が増えて「3回続けて」とよく見かけるようになりました。これって1日3回?3日間回日??って結構疑問に思っている人は多いんです。
美容師パパコラム「リタッチとカラートリートメントは同じ日に?」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「リタッチとカラートリートメントは同じ日に?」です。リタッチを1・2剤タイプで塗るのは、色落ちしたときに黒髪も明るくしたいからなんです!!カラートリートメントは黒髪は明るくならないので、逆に明るくなった髪のキープに最適です。
美容師パパコラム「利尻シャンプーと利尻トリートメントの併用」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「利尻シャンプーと利尻トリートメントの併用」です。同じ利尻でもシャンプーとトリートメントがあると迷いますよね。。。白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントって染まる作用が同じタイプと考えて大丈夫!使い方の参考に!
美容師パパコラム「ポーラの白髪染めで髪より頭皮が染まる(笑)」
ヘアカラーの専門家美容師パパの「ポーラの白髪染めで髪より頭皮が染まる(笑)」です。白髪染めトリートメントって「染まる!!」って人もいれば「全然そまらない!!」って人もいますよね。理由の一つに「今までどんな白髪染めで染めていたか?」も関係します。